クレイジージャーニー【ラクダアート結果!ラクダアート世界王者の武市萌美さんに密着!】

ラクダ情報

2023年5月8日放送のクレイジージャーニーで、ラクダアートの結果について紹介されました!

Sponsored Links

ラクダアート結果を紹介!

ラクダアートとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

megumitakeichi(@megumicamel)がシェアした投稿


ラクダアートとは、
ラクダの毛を刈り絵を描くというもの。

インドで古代より続くものです。

ラクダの毛の長さの差によって
コントラストが柄に見えると言います。

ラクダアードの制作方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

megumitakeichi(@megumicamel)がシェアした投稿

1ヶ月ひたすら
生えてきた毛を刈り続けます。

1ヶ月間毎日9時間ラクダの毛をハサミ一本で刈り続けます。

10日程度で刈ることはできるのですが、
最初にあった毛がまた一杯伸びてくるので、
定期的に刈る必要があるとのこと。

柄が見えなくなったり、
柄がまばらになることを防ぐために
刈り続けると言います。

ラクダアートの結果

10頭のラクダがエントリーしていました。

審査方法ですが、会場を一周下のち、
審査員の大学教授やラクダの研究員5名がラクダアートをみます。

そして、自らデザインをプレゼンします。

結果は以下のようになりました。

3位:武市萌美さん
2位:新世代のダークホース
1位:新世代のライバル

1位のラクダの特徴について、

1位のラクダは体格もでかいし、筋肉がちゃんとしていてヘルシー!
体格も大きく、毛並みが黒くアートが映えていた!

と番組内で紹介がありました。

ラクダの特徴も、
審査の中で強みになるということですね。

まとめ

来年は今年もよりも体格の良く、
黒い毛並みのラクダを探すということです。

来年も楽しみですね♪

・クレイジージャーニーの関連記事

タイトルとURLをコピーしました