【名電】岩瀬法樹のスカウトの評価は?実力や過去成績等を調査!

夏の甲子園で大注目のスター選手登場です。

愛知県代表の愛工大名電の岩瀬法樹選手です。岩瀬法樹選手は元中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手の長男とのこと。

実力は父親譲りで最速144kmを計測しています。

今回は、そんな岩瀬法樹さんがドラフトにかかるのか可能性はあるのかについてです。

合わせて、身長や体重・出身小学や中学等の基本プロフィールも解説します。成績も凄いですよ!

Sponsored Link
 
広告

【名電】岩瀬法樹はドラフト確定?スカウトの評価は?

こちらが、岩瀬仁紀さんの息子で話題の岩瀬法樹さんです。

名電,岩瀬法樹,ドラフト

出典:スポニチ

岩橋法樹選手の評価は、ドラフト注目度Aであるいう情報がありました。

上記の情報は、ドラフト会議というプロ野球ドラフト会議に関する総合情報ページのものになります。

ですから、その評価についてはかなり信頼性があるのではないでしょうか。

なお、ネット上にスカウトからの評価を見つけることはできなかったもののネット上では法樹さんの評価はかなりいいように感じます。

息子の法樹さんの持ち味は、144kmの快速ストレートと、父親譲りのキレのあるスライダーです。

父から学んだのでしょう。

愛工大名電のクローザーとして甲子園デビューされましたが、本人も父のようなクローザーになりたいと語っています。

「出てきたらチームが勝ったと信頼される投手だった。自分もそうなりたい」引用元:日刊スポーツ

昨年6月に右肩痛を発症し、今年3月にようやく投げることができるようになったそうです。

ですから、公式試合での活躍は春からの試合のみとなるわけですね。

スカウトマンは父譲りのセンスと実力を今みているのではないでしょうか。

つまりは、甲子園での活躍次第で、ドラフト候補に十分なりえるとみていると思いますね。

Sponsored Link
 

岩橋法樹の身長や体重・出身小学と中学はどこ?

父親そっくりですね`^

名電,岩瀬法樹,ドラフト

出典:

名前:岩橋法樹
身長:168cm
体重:70kg
学年:3年性

父の仁紀さんが181cmと大柄な体をされていましたから、そのイメージでいましたが意外と小柄であることがわかりました。

なお、野球を始めたのは9歳の頃からです。

小学校は名古屋市立田代小学校出身でTMジュニアに所属されていました。

中学は名古屋市城山中学校で軟式野球部に所属されていたとのこと。

2019年には、愛知県代表の名古屋球悠に所属されていました。

最近、中学では硬式野球クラブに所属する方が多い中、軟式野球チームを選択されたのは意外ですね。

進学等を考慮すると、コネクション的要素もある硬式クラブの方が名門校に進学しやすいですし、また、高校側も硬式クラブをわりかし注視している印象です。

ですから、軟式チームから愛工大名電に進学したということは、やはり実力ありきで評価されていたとみていいのではないでしょうか。

Sponsored Link
 

中学時代の成績が凄い!

中学生の頃にはすでにピッチャーとして頭角を表し、さらには打っては五番打者としても活躍されていました。

中学の時にはすでに130km代のストレートとスライダーを武器にしていたようです。

2019年2月23日に愛知県中学選抜軟式交流大会において見事に優勝されています。

さらに、2019年9月1日には無四球10奪三振1エラーのみのノーヒットノーランも達成されています。

やはり、生まれ持った転生の才能ですね。また、その後の中学生都道府県対抗野球大会IN伊豆では、素森選抜と対戦し、2安打完封されています。

ん〜やはり、父親から受け継いtだ伝家の宝刀「スライダー」のキレは抜群のようですね。

父親が偉大すぎるあまり、プレッシャーも相当すごいでしょうが、甲子園で結果を残して父親のようなクローザーになっていただきたいですね。

清宮幸太郎が痩せてイケメンな件!ダイエット法&過去〜現在を画像比較!
清宮幸太郎,痩せ,イケメン,ダイエット法,過去,現在,画像清宮幸太郎が痩せてイケメンになったと話題です。 また、、体が締まったおかげか、今シーズンは覚醒のシーズンになるのでは?と言う話も多く上がっています。プレイヤーとしての質の向上を...

やはり、プロにいくなら中日に行ってほしい!そんな風に思います。
これからのご活躍楽しみにしています。

広告
芸能
Sponsored Link
 
RINCON BLOG
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました