【きょうの料理】帆立てとねぎの煮びたしのレシピを笠原将弘さんが伝授

レシピ

2022年12月13日放送のきょうの料理で紹介された帆立てとねぎの煮びたしの作り方についてまとめます!

日本食料理人の笠原将弘さんが教えてくれました。

Sponsored Links

帆立てとねぎの煮びたしのレシピ

帆立てとねぎの煮びたしの材料

帆立てとねぎ

帆立て貝柱(刺身用)8個
ねぎ(白い部分)2本分

煮汁

だし カップ21/4
薄口醤油 大さじ2
みりん 大さじ2

帆立てとねぎの煮びたしの作り方

1)帆立て1%の塩水で洗う。(水1リットル塩小さじ2弱が目安)帆立てに砂がついている可能性があるので、それを洗い流すことが目的です。
2)水気を拭き取ります。魚介類は濡れたままにしておくと生臭くなるとのこと。
3)ねぎを5センチ程度の幅で切り、切り目を入れて芯を除きます。
4)煮汁を作ります。中火でひと煮立ち、ネギを加え弱火で約5分間煮ます。
5)帆立てを鍋に入れて火を止め、ペーパータオルを被せます。
ポイント→余熱で帆立てのうまみと甘さを引き出す
6)粗熱が取れて冷房個で冷やしたら出来上がりです。
7)一味唐辛子とゆずを振って食べるのがおすすめです。

 

まとめ

今回は帆立てとねぎの煮びたしについてまとめてみました。

タイトルとURLをコピーしました