カズレーザーと学ぶ【口呼吸で顔が変わる?理由や原因・チェック方法や対策について】

口呼吸生活

2023年1月10日放送のカズレーザーと学ぶで顔が激変する呼吸の仕方について紹介されました!

教えてくれたのは、歯科医師の山口和巳先生です。

Sponsored Links

口呼吸で顔が変わる!

口呼吸をすることでの変化

口呼吸をすることで、

・顔が伸びる
・口呼吸をしているとこの老化が進む

といった変化があるとのこと。

鼻呼吸で顔の形が綺麗になる理由

鼻呼吸に変えることこで、
圧力が鼻腔にかかり、上顎を下に押そうとする力が生まれます。

さらに、上顎にベロで押す力が働くため、上顎が広がっていくとのこと。

この2つの力が鼻呼吸をすることで生まれることで、
上顎骨が広がり顔の形が綺麗になるそうです。

口呼吸をしていると、この上顎の成長に差が出てくるため顔に変化が生まれるとのこと。

日本人の口呼吸の比率は高い

新潟大学の全国3399人(3歳〜12歳)への調査によると、
口呼吸をしている人は30.7%になるとの結果がありました。
多少の口呼吸をしている子供を含めると、80%の子供が口呼吸をしているとのこと。

呼吸3回でわかる!鼻呼吸・口呼吸のチェックのやり方

1)鼻で息を3回吸って吐く
2)舌の先端の位置を確認

舌の先端が上顎についているのか、ついていないのかをチェック

舌が上についている=鼻呼吸
舌がしたについている=口呼吸

鼻呼吸に変える方法

声かけだけでは変わらない。
使っている筋肉が違うためそれを変えるトレーニング必要があるということ。

鼻呼吸→全面の筋肉を使用
口呼吸→背面の筋肉を使用

つまり、
口呼吸を改善するには筋肉や脳の働きを変える必要があるとのこと。

口呼吸対策におすすめなマスク

マスク生活が続いていることで、口呼吸になることが多いと考察されていました。

マスクをすることで少なからず呼吸がしづらく、口呼吸になってしまう方が多い傾向とのこと。

ということで、呼吸が楽にできる呼吸補助マスクがおすすめです。

↓↓↓



ライフマスクサポーター

まとめ

マスク生活が原因で口呼吸が増えていると考察されていました。

また、12歳であれば短期間で戻すことができる可能性が高いとのこと。

参考になれば幸いです。

・サーチュイン遺伝子の活性化につながる全粒粉ライ麦パンが話題です

・サーチュイン遺伝子を活性化する「NMNサプリ」!

タイトルとURLをコピーしました