【世界一受けたい授業】カオキン体操のやり方!ほうれい線のシワ&顔のたるみ解消術を奥田逸子さんが伝授!

カオキン体操ダイエット・健康

2023年1月21日放送の世界一受けたい授業で、カオキン体操のやり方について紹介されました!

教えてくれたのは、
国際医療福祉大学 放射線診断センター准教授の奥田逸子さんです。

Sponsored Links

すぐ実感!「マイナス10歳」カオキン(顔筋)体操とは?

 

カオキン(顔筋)体操とは、長年の臨床結果から得られたエビデンスを生かして開発した顔の筋肉を鍛える体操のことです。

マスク生活によって、
顔の表情筋が衰え表情筋が運動不足になりがちとのこと。

顔が見えないことで色々とプレッシャーはありませんよね。でも、それが、老化などに繋がってしまうのは避けたい…

なお、口周りや目元の表情に関係する筋肉へのアプローチを行うことができます。

表情筋の衰えをチェックが大事!

まず、自分の表情筋が衰えているのかどうかをチェックすることが大切とのこと。

チェック方法ですが、

スマホを使って、色々な角度から自撮りをするだけ!

そして、撮る写真は3枚!

1枚目:姿勢よく座って正面から無表情のまま写真を撮ります。
2枚目:床に仰向けになり、無表情のまま顔写真を撮ります
3枚目:うつ伏せになり、真下から無表情の写真をとります。

この3枚の写真の特徴ですが、

仰向け=5歳ほど若い顔
椅子=現在
うつ伏せ=5歳ほど老けた顔

となっています。

仰向けの若い頃の写真と現在の顔を見比べてみると、
目の下のたるみやほうれい線があることに気づくことができるとのこと。

どこが弛んだのか、セルフチェックができるということですね。

逆も然りで、
5年後の弛んだ顔がセルフチェックできます。

自分の顔のたるみやシワの特徴を分析することで、どのカオキン体操を取り入れていくかを検討することができます。

顔のシワ・たるみなどが気になる4つのパーツとその理由

顔の老化やシワ・たるみが気になる部位について、順位付けされていました。

1位 ほうれい線
2位 目元
3位 額・眉間のシワ
4位 首・あご周り

カオキン体操は、
この全てに効果が期待できるとのこと。

ですが、まずは各部位のたるみやシワの原因を解説しますね。

首・あごがたるむ理由

20代の頃は、厚みのある見かえり筋が下顎の脂肪を支えます。

しかし、50代になると見かえり筋が弱ることで、脂肪を支えることができず、たるんでいきます。

年をとると代謝が落ちること、
そし、脂肪がつきやすくなるためたるみも進むとのこと。

しかし、カオキン体操をすることで、この悩みは一気に解決しますよ^^

なお、岡田先生は週に2回程度カオキン体操を継続したことで、若い頃のハリのある見かえり筋を取り戻したとのこと。

目元がたるむ理由

目元がたるむ理由は眼輪筋にあり!

20代は眼輪筋に厚みがあり真っ直ぐです。

一方で、40代あたりからこの眼輪筋が曲がってきます。
こ脂肪に押され前に飛び出ていることが原因です。

これが、響く目元のたるみになります。

眼輪筋が弱る外で、目袋やらゴルゴラインが出てきてしまうとのこと。

額と眉間のシワができる理由

眉間にシワのある人は、
まゆ寄せ筋(皺眉筋)が分厚くなっているとのこと。

そして、眉間にシワのある人ほど、
このまゆ寄せ筋を使っているそうです。

つまり、筋肉を使いすぎているということ。

この筋肉を弱めるには、シワ消しワンプッシュ体操がおすすめとのこと。

ほうれい線と口元のマリオネットラインがたるむ理由

ほうれい線や口元のマリオネットラインという部分のたるみが目立ってくる理由ですが、
小頬骨筋と大頬骨筋の衰えが原因とのこと。

笑顔を作ることでこの筋肉は自然と鍛えられるとのこと。

佐藤栞里さんはいつも笑顔が素晴らしいですが、
この筋肉もしっかり年齢相当の厚みがありました。

カオキン体操のやり方動画

首・あご周りのたるみを改善する「うーいー体操」のやり方

1)正面を向いて姿勢をただします。
2)顔を上に向けて、口を尖らせて「うー」と言います。
この状態を5秒キープします。
3)顔を正面に戻します
4)口を横に大きか開けて「いー」といいます。
この状態を5秒キープします。
首筋を思いっきり出すように力を入れてください。
5)5セット1分ほど行ってください。
うーいー体操の頻度は週に2〜3回で良いとのこと。

額と眉間のシワに効果のある「シワ消しワンプッシュ体操」のやり方!

1)おでこを両手で押さえます。
2)この状態で目を閉じます
3)パッと目を開けて、おでことまゆが動いていない確認します。
おでこと眉の筋肉は使わず、瞼だけで目を開けらようにしてください。
4)1分間、週に2〜3回行います。

目元のたるみとシワ改善する、「目パッチリ体操」のやり方

1)目をパッチリ開けて、微笑むように口角を上げます
2)まぶたに力を入れて、ぎゅっと目を閉じます
10秒間キープして、パッと目を開けます
3)10秒を5セットやります

ほうれい線のシワに効果のある「ニパニパ体操」のやり方

1)口を閉じて、口角を上げるように「ニパッ」と笑います。
2)口角を上げるように、ギュッと笑顔を作ります。目尻に近づけるような感じで全力で笑顔を作ります。
3)ほおをあげ全力で10秒間笑ってください。
頬が硬くするのがポイントです。触って硬くなっているか確認しながら笑顔を作ってください。
4)力を抜いてリラックスします。

週に2〜3回行う程度で効果が来たできるとのこと。

ニパニパ体操では、
笑顔を作ることで小頬骨筋・大頬骨筋を鍛えることができます。

そして、ほうれい線とマリオネッタラインが綺麗に引き上がる効果が期待できるとのこと。

カオキン体操を麻木さんが1ヶ月挑戦した効果!

・ほうれい線
・目元
・額・眉間のシワ
・首・あご周り

などの老け顔防止に効果が期待できることが、
ここまでで内容でわかったかと思います。

実際に、麻木さんが1ヶ月間カオキン体操に挑戦してくれたので、
この効果を紹介します。

・頬が持ち上がり顎がスッキリ
・首の横シワも改善
・ほうれい線とマリオネットラインも持ち上がったことで目だただくなった

まとめ

顔の筋肉を鍛えることで、
奥田逸子先生のような張りのある若々しい顔と表情を手に入れることができるということ。

さらに、1ヶ月継続すると麻木さんのように、
効果を感じることができるということがわかりました。

顔のたるみは一気に老けて見えるので、
カオキン体操で若々しさを保てるように実践してみたいと思います。

やっぱりいつまでも若々いたいです^^

・世界一受けたい授業の人気記事

・2023年人気記事

タイトルとURLをコピーしました