あさイチ【あさイチ正月太らないぞSP!おせちの食べる順番や血糖値・食物繊維・タンパク質との関係など】

太らない情報

2022年12月27日放送のあさイチでおせち&お雑煮の太りにくい食べ方について紹介されました!
教えてくれたのは、管理栄養士の岸村代さんです。

Sponsored Links

正月太らないぞ&対策!おせちの食べる順番や栄養価について

おせちやお雑煮を食べるときには、太りにくい順番があるとのこと。

食べる順番を気にするただけで太るなら試すしかないですよね^^;

【正月太らないぞ】食べる順番で太らない理由

きをつけることは簡単です。

・糖質が多いものから食べない
・5分間は糖質を食べないようにする

空腹の状態からたくさんの糖質を取ることで、血糖値が上がります。血糖値が上がると必要以上に膵臓でインスリンが出てしまいます。

このインスリンは、糖質を脂肪として蓄えようする性質があるとのこと。

だから太りやすい糖質を最初に食べるのを控えるんです。

ちなみに、おせちは日持ちをさせるために糖質量が多くなっています。つまり、隠れ糖質が多いということです。

ですから、食べる順番が重要になってくるということになります。

おせち&お雑煮の太りにくい食べ方と食べる順番

1)食物繊維が豊富なものから食べる
ポイント→最初の5分間だけ、食物繊維が豊富な、椎茸、れんこん、にんじん、ごぼう、紅白なますを食べてください。
2)タンパク質が多いものを食べる。
鶏肉・かまぼこ・えび、ローストビーフ・ほたてなど
ポイント→タンパク質を先に食べると、GLP−1というホルモンが出るそうです。このホルモンは血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。さらに、満腹中枢にも刺激してくれて、食べ過ぎ防止ができるとのこと。
3)糖質が豊富なものを食べる。
ポイント→最初に「黒豆・栗きんとん・昆布巻き・だて巻き」を食べない。食材としては糖質が少ないものの、味付けに糖質が多く含まれています。特に栗きんとんは糖質が多いです。

まとめ

以上、正月太りを防ぐ、太りにくい食べ順についてでした。

食べる時間も大切で、夜などの遅い時間に食べることで太りやすくなるので、食べる時間にも気おつけて下さいね。

参考になれば幸いです。

 

Sponsored Link
 
情報
ぼちぼち情報館
タイトルとURLをコピーしました