冨士眞奈美の不倫同棲報道のあった流行作家は誰?名前や年齢・顔画像は?

冨士眞奈美,流行作家芸能
広告

女優の冨士眞奈美さんが20代前半の頃に、ある流行作家と同棲中であることが報道された過去があったとのことです。

その流行作家が旅立たれる一ヶ月前に冨士眞奈美さん「会いたい」と連絡してきたとのことです。

この流行作家は一体誰なのでしょうか。

今回はこれについての情報をまとめます。

Sponsored Link
 
広告

冨士眞奈美の不倫同棲報はデマだった!

冨士眞奈美さんが、過去に同棲熱愛報道の噂があった男性が旅立たれる一ヶ月前に、当人から「会いたい」と連絡があったと報道がありました。

この記事によると、20代前半のころに報道がされた流行作家が相手であったようです。

このインタビュー記事には、報道のあった流行作家との関係はデマであり、当時、法的措置を取ることも検討していたと記載がありました。

これは、流行作家が妻子持ちであったことや事実無根であったことからの対応であったとのことです。

実際に真相はこのインタビューの内容のみであり、目撃情報等はありません。

ですから、冨士眞奈美さんがおっしゃる通り熱愛関係ではなかったとみて間違いないでしょう。

では、その流行相手は一体誰だったのか?

ここが気になるところであります。

Sponsored Link
 

冨士眞奈美の不倫同棲報道があった流行作家は誰?

結論から言いますと、噂の流行作家の名前や年齢・顔画像は分かりませんでした。

ですが、ネット上で2人の方が可能性として浮上していましたから、それについて解説いたします。

ネット上には以下の二人の名前が浮上していました。

吉行淳之介

冨士眞奈美,不倫,同棲報道,流行作家,誰,名前,年齢,顔画像

出典:Twitter

吉行さんといえば、銀座でモテモテのイメージがありますね。甘いマスクと文学的才能の持ち主で愛人が多数いたようです。

ですから、噂が浮上したのではないでしょうか。なお、こちらの吉行さんは、村上春樹さんを世に出した人でも有名ですね。

続いては、笹沢左保さんについてです。

冨士眞奈美,不倫,同棲報道,流行作家,誰,名前,年齢,顔画像

出典:ZAKZAK

笹沢左保さんは、マダム路子さんと若い頃に不倫しています。

そして、マダムさんは離婚することに…

ミステリー作家の謎めいた色気にハマったのでしょうか。

また、自身の著書の中には、不倫や愛人関係にまつわるの著書があるため、自身の経験をもとに書いている可能性もあるかもしれないですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

断崖の愛人 (祥伝社文庫) [ 笹沢左保 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2022/8/5時点)

 

しかしながら、報道でもあったように、冨士眞奈美さんは同棲もしていなければ、熱愛も熱愛もしていなかったと証言しています。

そして、上記の二人との関係を確定づけるものはありませんでした。

しかし、ふわふわしていて恋愛気分だったと記事に記載がありました。

実は、関係が発展しても良かったと思っていた?

なんて、若い頃の自分がいたことも匂わせる、なんともミステリアスな感じがいいですね。

Sponsored Link
 

世間のみんなの反応は?

​​れ誰かな。昔の小説読むと、女をインテリ男が分析して一人勝手に苦悩してるようなのがある。女を肉体のみのどこか愚かな物として描く。笑止だね。
「男性のほうが思い出を美化しがち」「恋愛という滑稽なことに余計な時間を取られたくない」
冨士さんの方が現実を生きてる。
引用元:Twitter

「男性のほうが思い出を美化しがち」ズバズバ言ってて面白い
引用元:Twitter

年齢を重ねたから聞く過去の思い出はとても興味をそそられますね。ワクワクしてしまうというか、こんな過去があったのかと。

なんでしょう。

芸能人でありながら、ひっそりと世間に見つからないように青春を謳歌していたというエピソードはとても面白いですから。

大物であればあるほどその生い立ちに味がある!なんて思いますね。

高橋一生と飯豊まりえはいつから付き合ってた?馴れ初めや匂わせ情報他
高橋一生さんと飯豊まりえさんのビッグカップル誕生です! 一体いつから付き合っていたのか?馴れ初めの詳細は?本当に匂わせ画像あったのか?

非現実味のある話ってとても興味を引かれると思うんですね。自分ではできないことであったりしますから。

ましてや、不倫となるとね。w

よく、不倫報道がありますけど、それってモテモテだから羨ましいな〜なんて世間の本音あったりするわけですね。

芸能人ってテレビで大活躍するのもいいんですけど、一般人ではちょっと真似できないようなスキャンダルがあったりすると、いろんな意味でその人がブランド化される一面があったりしますよね。

石田純一さんなんかは、もはやそれが石田さんのスタイルとして定着していますしね。w

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました